児童発達支援センターうべつくし園

「児童発達支援センターうべつくし園」は、ひとり一人の発達に応じて集団または個別で対応しながら、子どもたちが健やかに成長できるように保護者の皆さんのお手伝いをするところです。
また、お子さんの発達や子育てについてのご相談に応じます。

送迎バス
 
【お問合せ先】
〒755-0152 宇部市あすとぴあ6丁目11番21-4号
TEL: 0836-43-7750  FAX: 0836-43-7751
(交通:宇部市営バスあすとぴあ6丁目または7丁目バス停下車、徒歩3分)
メールでのお問い合わせはこちらから

ページのトップへ戻る

■児童発達支援センターうべつくし園の療養のねらい

  • 健康な身体をつくる、規則正しい生活習慣と生活リズムをつくる
    (上手に身体を動かせるように)
  • 自分のことを自分でやろうとする気持ちを育てる
    (排泄・食事・着脱衣などが自分でできるように)
  • 遊びを通して社会性を育てる
    (人との関わりの中で遊びの楽しさや興味・関心が広がるように)
  • ことばの芽を育てる
    (見る力・聞き分ける力・話す力が育つように)
■通園部 (定員 : 30人)※「児童発達支援受給者証」をお持ちのお子さんを対象

月曜日~土曜日に、集団・個別での療育および相談を行っています。

■クラス療育、グループ療育
歩行訓練、仲間あそび、音楽リズム、粗大運動、感覚運動あそび、造形、触覚あそびを、クラスやグループに分かれて療育しています。

■個別療育

お子さんの発達に応じて、小さなステップ目標を立て、保護者の皆さんと一緒に取り組みます。

■延長保育

保護者の勤務や冠婚葬祭等の諸事のための延長保育を行います。

ページのトップへ戻る

■地域サービス部 ※「児童発達支援受給者証」の取得の有無は関係ありません

■相談
※相談をご希望される方は、予めお電話で日時の予約をお願いします。

  • 療育相談
    毎週月~金曜日/8:30~10:00、14:30~16:30(ただし、祝日は休園です。)

■外来療育教室 ※祝日や通園部の行事と重なった場合は変更あります
子どもの成長や発達に不安のある親子に来園していただき、集団および個別での療育や相談を行っています。

  • ほっとるーむ(月2回) 対象:生後7ヶ月健診以降~2歳頃まで
    宇部市のPTと保健師もスタッフとしてかかわります。
    第1月曜日、第3土曜日 10:00~11:30
  • たんぽぽ教室(月3回) 対象:宇部市在住の2歳から年中児まで
    土曜日午前グループ10:00~11:30
     午後グループ14:00~14:30
    お子さんの発達状況によるグループ編成
    個別相談(15:30~)や保護者勉強会も実施します。
  • わたぼうし(月1回)たんぽぽ教室終了後の年長児
    第4土曜日 10:00~11:30

■訪問療育教室 ※祝日や通園部の行事と重なった場合は変更あります
児童発達支援センターうべつくし園のスタッフが山陽小野田市に出向いて、療育や相談に応じます。山陽小野田市の保健師もスタッフとしてかかわります。

  • げんきっこクラブ(水曜日月2回)対象:1.6ヶ月健診以降~就学まで
    第2,4水曜日 14:00~15:30
★その他
  • 保護者勉強会や懇談会などを通して、保護者同士が共に学び、共感しあえる仲間づくりをサポートします。
  • 必要な医療、保健、教育、福祉機関との連携を行います。
  • 集団生活で困っていることなどについて、幼稚園や保育園、学校等に訪問して、対応や援助方法などを一緒に考えます。

※こんなご心配があれば、お気軽にご相談ください。

  • ことばの数が増えない
  • 単語は出ているが、会話にならない
  • 親の後追いをしない
  • 父母のしぐさの真似をしない
  • 親子の気持ちが通じ合わない
  • 要求を大人の手をとって伝えようとする
  • 視線が合いにくい
  • 指差しをしない
  • 名前を呼んでも振り向かない
  • 睡眠がとても短く不規則
  • 多動で落ち着きがない
  • 手を離すと何処に行くかわからない
  • 妙なくせやこだわりがある
  • わけもなく突然泣き出す
  • 新しい場所に不安を示す
  • 数字や商標に強い関心を示す
  • ころんでも痛がったり泣いたりしない
  • あまり笑わず表情が乏しい

【お問合せ先】TEL: 0836-43-7750

ページのトップへ戻る